激動の昭和史 軍閥

Amazonプライムで見放題だったので暇だったんで観てみた。

辞書的な意味だと「軍閥」とは軍部を中心とした政治的勢力・集まりを指す。

太平洋戦争は日本とアメリカとの戦争というほど単純なものではない。

太平洋戦争が開始されたのは1941年だが、そのたった5年前に二・二六事件という大事件が起こっている。

(戦争までの過程を扱ったドキュメンタリーでは必ず大きく取り上げられる。)

二二六事件は、皇道派の陸軍青年将校による軍事クーデーターのことだが、皇道派と統制派というのがまさに軍閥のことだ。

皇道派 – Wikipedia

統制派 – Wikipedia

日本は1931年に「自存自衛」のために起こした満州事変により満州全土を制圧する。

首謀者の石原莞爾は不拡大路線を取るが、陸軍統制派は中国内部へ次々と戦線を拡大していく。

陸軍は所帯が大きいですから、なかなかひとつにはまとまらないわけです。ことと場合によってはまた二二六事件のような軍事クーデターが起こらないとも限らない。

ああでもないこうでもないと方針も決まらないまま支那事変は泥沼化していき、引くにも引けない状況になる。

陸軍の強硬派をおさめるにはこの人しかいないということで首相に任命されたのが東条英機である。

東条英機=独裁者というイメージを持たれている方もいるかもしれないが、実は意外と忠実な軍人であったと言われる。

独断専行したりはせず、いちおうは正規のプロセスで物事を決める。昭和天皇も信頼を置いていたようだ。

開戦前も昭和天皇の意向どおり、日米の外交交渉にて対米戦争を避ける努力は一応はしている。

しかし、結果は歴史の教科書にある通り、戦争へと向かっていく。

開戦までのプロセスや、戦争に反対する人間を排除し権力を集中させていく様子はよく描かれいる。

映画としてはあまり面白くなかったけど、ドキュメンタリーとしては良い映画なのではないかというのが率直な感想だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です