「戦争と人間」観ようとしてるんだけど。。。

Featured Video Play Icon

コロナ騒ぎ暇なんで、Amazonプライムで映画を観まくっています。

最近よく観ているのは、主に戦争系。

  • 陸軍中野学校
  • 兵隊やくざ
  • ジョーカーゲーム(アニメ)

などは観た。

【映画】陸軍中野学校シリーズ5作全部ぶっ通しで観た【ネタばれあり】

主に、第二次世界大戦のちょっと前あたりの設定の作品。

僕自身(1982年生まれ)、戦争を知っている世代ではなく、祖父・祖母から多少聞いた程度。戦争経験者がまだ存命だったので、ナイーブな話題だったんでしょう。

遺族年金で暮らしている人もいたし、友達の家に遊びに行けば、戦争で亡くなった祖父の写真などをよく見かけた記憶もある。

学校でも第二次世界大戦についてはあまり勉強した記憶がないし、知っているのは「真珠湾攻撃」くらい。

僕のイメージでは、空母や戦闘機で、太平洋の島国に侵攻していったくらいの軽いイメージしかない。

恥ずかしながら、スパイが他国の軍事情報を得てキナ臭いことをやっているなんで、まったく知らなかった。。。

少し考えてみればわかるのだけれども、日本国内に限定すれば、日本はほぼ単一国家だったし島国だったわけだから、情報戦はやりにくい。

もしあったとしても、憲兵にすぐ捕まる。

これが、大陸の戦争はまったく違う。

陸軍中野学校の作中で教官が言っていたが「優秀なスパイは1個師団にも相当する」らしい。事実だと思う。いつ・どこに・どのくらいの兵力で攻撃するなんていう軍事情報がバレていたら、それこそ数万人単位の命に関わってくる。

先に上げた作品を観るとそういった大陸の戦争についてよくわかる。

そして、観れば観るほど興味を持って、違う作品を観てしまう。

次に見たいのは、戦争と人間。

原作作者の五味川純平は、関東州・大連生まれで太平洋戦争にも召集され、ソ連侵攻も経験している。経験しているからこそのリアリティのある作品に見える。

まだ予告編しか見ていないけど。。

本作品は第一部~第三部で9時間23分の壮大なスケールなので、あるていどまとまった時間がないと観れないだろう。。

ストーリーが、1928年(昭和3年)の張作霖爆殺事件前夜から1939年(昭和14年)のノモンハン事件と、ちょうど僕が興味のある部分。

超豪華キャストで壮大なスケールで作られた「戦争と人間」は見ごたえありそうで、はやく観たい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です